神戸市交通局1000形


1977(昭和52)年3月の西神線開業時から走行している1000形。神戸市営地下鉄の最古参車両だ。開業時は4両編成であったが、沿線開発に伴う乗車人員の増加により最終的には6両編成となった。

◇車両

4両×6編成=24両で運行を開始。これまでに6両×18編成=108両が製造され、車両数は西神・山手線内で一番多い。
登場時の編成MT比は4M(電動)だったが、現在は4M2Tの6連に統一されている。
01号車〜08号車は1982(昭和57)年度にT(付随)車の追加によって5連化、1989(平成元)年度に01〜18号車全ての編成にT車を加えて6連化した。

車両はすべて川崎重工製。

車体はアルミ合金製。台車は空気ばね台車。当時の地下鉄としては珍しく、登場時から冷房装置が搭載されていた。

車両塗装はパールグリーンとライトグリーンのツートンカラー。車番は神戸市電と同じく角文字となっている。

画像は1次車

01〜06号車は当初、車体側面の行先表示器が取り付けられていなかったが、1992(平成4)年度からの工事で設置された。

1000形は大きく3つに分けられ、01〜06号車が1次車、07〜15号車が2次車、16〜18号車が3次車である。

1次車と2次車に大きな違いはないが、3次車とは異なるのがお分かりいただけるだろうか。

・屋根上の冷房装置の変化(中型3台→大型2台に)


・前面窓下の握り棒とステップの有無
・助士側の仕切り部にある窓の有無 などがある。


◇制御方式

主回路制御装置は、運行開始当初は電機子チョッパ制御方式だったが、リニューアル工事に伴い更新。現在01号車〜07号車はGTO-VVVFインバーター制御方式、08号車〜18号車はIGBT-VVVFインバーター制御方式となっている。インバーターは全て日立製を搭載。

◇リニューアル

1997(平成9)年より年間1編成、リニューアル工事が行われた。先述のインバーター更新のほかに、冷房装置の更新・床敷物の変更・座席モケットの取り替え・座席袖の仕切り棒とつり革の増設などといった車両の改修工事や、ATO・ATCといった運転機器の更新も行われた。

この更新により形式名称が変更され、01〜07号車が1000-01、08〜18号車が1000-02形となっている。ただし、車番に変更はない。

◇その他

1000形は1978年度に鉄道友の会よりローレル賞を受賞。01号車の両先頭車運転台側にローレル賞のプレートが付いている。

2002(平成14)年より、転落防止外ほろの設置が行われた。